2015年12月21日月曜日

卒業論文の締切でした

今日は卒業論文の提出締切日でした。
学生の皆様、お疲れ様でした。

ゆっくり休んで...と言いたいところですが、
明後日は博物館実習の授業です。
学芸員資格のため、履修生は忘れずに参加してください。
















大学の紅葉も見納めですね。

提出された卒業論文は、年末年始で教員が読みます。
2月頭には試問会があり、その後卒業・修了制作展で論文を展示します。

2015年12月3日木曜日

【花便り】ツバキとサザンカ

キャンパスは冬の花ざかりです。
おすすめの見所ポイントは、正門脇(警備員さん駐在所の脇)、図書館前(池から図書館へ出るところ)、資料館事務室前(デザイン棟の突き当たり、崖の上)です。

芸術学棟前も見頃をむかえました。















椿か、山茶花か、ちょっと見分けがつけにくいですね。花弁を散らすか、花ごと落ちるかで区別できます。

2015年11月28日土曜日

古美研 最終日

いよいよ一週間の行程も最終日を迎えました。
途中で体調を崩した学生も持ち直し、全員で神護寺に登ることができました。
石段はしんどいけれど、美しい紅葉に報われた思いです。

お堂拝観の後は...











かわらけ投げです。

バスで山を下り、午後から広隆寺でお像を拝観しました。
京都駅へ戻り、解散です。

古美研に際し、様々な方に大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。

2015年11月27日金曜日

古美研7日目

仏像続きの毎日でしたが、今日は絵画です。
大徳寺の真珠庵と、大方丈の障壁画を拝観させていただきました。

広い境内を学生の案内で巡ります。




















拝観の後は、今宮神社前であぶり餅をいただきました。
愛知の赤出しとは違う、京都の白味噌です。

午後は美術院国宝修理所の工房のひとつを見学に伺いました。
工房長の方に大変丁寧に解説していただき、熱心に質問する学生も。
本学卒業生の方もお勤めされています。
このたびは大変お世話になりました。

2015年11月26日木曜日

古美研6日目

小雨降る中、宇治の平等院、日野の法界寺へ。
少し早めに見学がおわり、山科の醍醐寺へと足を伸ばしました。













(写真は池の対岸から見た鳳凰堂の阿弥陀如来坐像です)

交通係の学生の案内で、バスを駆使して移動です。

急に寒くなったので、体調を崩してしまった人も...。

2015年11月25日水曜日

古美研5日目

今日は自由研究日です。各自で好きなように過ごすことができます。
旅の中盤、ひとりで息抜きすることもできます。

お寺へ行く人、美術館へ行く人、カフェへ行く人...。思い思いに過ごしました。

今日は移動日でもあり、奈良の宿から京都へと荷物をもって移ります。

2015年11月24日火曜日

古美研4日目

貸切バスで、室生寺、円成寺、浄瑠璃寺をまわりました。

芸術学専攻は一学年の学生数が少ないので、2・3年生が合同で古美研に参加します(=隔年開講です)。今年の参加学生は9名。























(写真:中は室生寺金堂、下は浄瑠璃寺庭園と三重塔)
どのお寺も紅葉が美しかったです。曇りがちなのが残念ですね。

2015年11月23日月曜日

古美研3日目

小雨のぱらつく中を、興福寺、薬師寺、唐招提寺の順にまわりました。











(上から順に、興福寺、薬師寺です)
唐招提寺では鑑真和上坐像が特別公開中でした。

そろそろ旅の疲れが出始めます...。

2015年11月22日日曜日

古美研2日目

今日は東大寺と新薬師寺を見て回りました。
東大寺では、芸術学専攻OBで東大寺でお勤めの先輩にご案内いただきました。大変詳しいご案内を、本当にありがとうございました。










見学先はそれぞれ学生が担当を決めて事前に調査をし、現地で発表します。
前期の間にあらかじめ準備をしておき、旅のしおりも作成して持参しました。
ほかにも、リーダー、交通係、宿泊係、おやつ係、カメラ係など役割分担があります。

2015年11月21日土曜日

古美研1日目

古美術研究旅行、略して「古美研」がはじまりました。
愛知県芸の芸術学専攻では、2・3年生が合同で隔年開講します。
主に関西方面へ、一週間の古美術行脚です。

前夜から奈良入りし、朝から法隆寺へ出発です。










各寺社で、担当の学生が事前に調べてきたことを発表・解説します。

中宮寺、法輪寺、法起寺と見て回りました。
夜は東京藝術大学の和田圭子先生をお招きし、仏像についてご講義いただきました。















如来と菩薩の着衣方法をコスチュームプレイで分かりやすく教えていただきました。
和田先生、ありがとうございます。

2015年11月13日金曜日

キャンパスの紅葉

愛知県芸では山の上のほうから徐々に紅葉がおりてきます。
芸術学棟の周囲も次第に色づいてきました。


2015年11月2日月曜日

芸祭ありがとうございました

大学祭・芸祭にお越しくださいました皆様、ありがとうございました。
芸術学専攻ではスープ屋「Tang」を出店、授業の一貫として学生が制作している雑誌『PLUS OPUS』の最新号も販売しました。
毎年1年生がメインで開店しています。今年も上級生たちが大勢手伝いに来てくれました。本当におつかれさまです!
昨年はスープの妖精が出てびっくりしました。今年ははにわが登場して度肝を抜かれました。


(写真はお店の様子。売り子は1年生。本人の了承を得て掲載します)

2015年10月27日火曜日

芸祭がはじまります

愛知県立芸術大学の大学祭、芸祭が今年もはじまります。
10月30日(金)・31日(土)・11月1日(日)の3日間です。

芸術学専攻では例年どおり、一年生を中心にスープ屋「Tang」を出店します。真心こめた特別にあたたかいスープをぜひご賞味ください。

【リンク】芸祭2015

2015年10月15日木曜日

模写室を見学

本学文化財保存修復研究所の模写室を、芸術学専攻の希望者で見学させていただきました。
絹を織るところからはじまるという精緻な模写作業の現場を実見し、大変緊張しました。
丁寧にご説明くださり、本当にありがとうございました。作業の手を止めて笑顔で迎えてくださった方々に御礼申し上げます。

【リンク】文化財保存修復研究所

現在、法隆寺金堂壁画模写展示館では模写作品を公開中です。学芸員による企画展「つき ひ ほし」をぜひご覧ください。
*詳細はこちらへ→ 【リンク】9月16日のブログ「法隆寺金堂壁画模写秋季展」

また、今月22日には保存修復研究所の脇屋助作先生の講演会「絵画を守る−国宝から地方文化財まで」が開催されます。一般公開行事です。どうぞご来聴ください。
   10:00-11:30 愛知県立芸術大学 新講義棟大講義室にて

【リンク】愛知芸大芸術講座「絵画を守る-国宝から地方文化財まで-」

2015年10月10日土曜日

琳派の秋

今年は「琳派400年記念祭」と銘打ち、様々なイベントが京都を中心に展開されています。
本学図書館でも琳派にちなむ図書展示がはじまりました。展覧会情報もまとめられています。ぜひお運びください。図書館スタッフによる好企画です。10月29日まで。

【リンク】本学図書館展示「琳派400年」

【リンク】琳派400年記念祭ホームページ

(これは図書館ではなく、研究室の壁です。
琳派関連展覧会ちらし)

2015年10月7日水曜日

桝屋先生講演会がありました

10月6日、東京大学東洋文化研究所 桝屋友子先生よる講演会「イスラーム美術と文様」が開催されました。
日本美術史概説履修生に加えて、様々な専攻の教員・学生、外部からお越しいただいた方々など、多くの方にお運びいただき大盛況となりました。ありがとうございました。
学生から寄せられたコメントペーパーは、新鮮な驚きと興奮に満ちていました。
桝屋先生、聴衆の皆様、芸術情報課・芸術創造センターの皆様に心より御礼申し上げます。

なお、本学から一番近い美術館、愛知県陶磁美術館ではイスラーム陶器の実物を見ることができます。ぜひ訪れてみてください。



2015年10月1日木曜日

【芸術講座】講演会「イスラーム美術と文様」

イスラーム美術史の第一人者である桝屋友子先生にご講演いただきます。
ぜひお誘い合わせのうえお運びください。
_ _ _ _ _
イスラーム地域においてはさまざまなタイプの文様が高度に発達し、建築や美術品を飾ってきました。こうした文様の性質を大きく分類して概観するとともに、時代や地域ごとに異なる発展の様相に注目します。

2015年10月6日(火)14:30〜16:00
愛知県立芸術大学 新講義棟 大講義室
入場無料・事前申込不要
(お問い合わせ 芸術情報課 0561-76-2873)

桝屋友子先生プロフィール
東京大学東洋文化研究所教授。専門はイスラーム美術。ニューヨーク大学大学院にて博士号取得。メトロポリタン美術館学芸研究員、国立民族学博物館を経て現職。主著『イスラームの写本絵画』(名古屋大学出版会、2014年)、『すぐわかるイスラームの美術 建築・写本芸術・工芸』(東京美術、2009年)ほか多数。

写真:イスファハーン(桝屋先生撮影)

2015年9月28日月曜日

後期がはじまりました

今日から後期の授業がはじまりました。
芸術学棟の前で金木犀が満開、柘榴が実っています。


2015年9月16日水曜日

法隆寺金堂壁画模写秋季展「つき ひ ほし」

法隆寺金堂壁画模写展示館で秋季展示がはじまりました。
【リンク】愛知県立芸術大学 展覧会紹介ページ

常設展では法隆寺金堂壁画の原寸大模写(焼失前の状態を模写)全面を、金堂のミニチュアで位置関係を確認しながら鑑賞することができます。

特別陳列室では企画展「つき ひ ほし」が開催されます。
出品模写作品は、
・高松塚古墳壁画うち天井画
・西大寺 十二天像うち日天・月天
・東寺 両界曼荼羅

日本美術史概説の後期最初のガイダンスで見学予定です。


2015年9月10日木曜日

校内風景・展覧会ちらしなど情報コーナー


校内には展覧会ちらしや公募ちらしが設置された情報コーナーがあります。事務の方が整理、掲示してくださっています。


2015年9月2日水曜日

【花便り】ツユクサ

校内のいたるところでツユクサが群生しています。
朝晩さわやかになってきました。


2015年8月31日月曜日

集中講義がはじまりました

今日から前期分の集中講義がはじまりました。
芸術学専攻では以下の科目を開講します。

西洋美術史特講 中村るい先生
日本美術史特講 藤岡穣先生
現代アート特講 杉田敦先生
現代文化特論  丹生谷貴志先生
近代彫刻史   小泉晋弥先生
色彩学     河本健一郎先生
文化財保存修復研究 大野恭子先生

そして前期中に在外研修でアメリカに滞在されていた小西信之先生の現代アート概説(通常は通年講義)が集中講義期間に開かれます。





2015年8月24日月曜日

2015年8月12日水曜日

夏休み展覧会案内

12-14日は教職員が一斉に夏期休暇に入ります。お気をつけください。

近隣の主な展覧会案内をご参考までに。
・愛知県陶磁美術館「ギリシア陶器:「古典」の誕生—アッティカ、ローマからセーヴル、ピカソまで—」-10/12
・名都美術館「日本の原風景—富士をめぐる旅—」8/21-9/27
・愛知県美術館「芸術植物園」-10/4
・名古屋市美術館「画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか」-9/23
・名古屋市博物館「魔女の秘密展」-9/27
・名古屋ボストン美術館「ダブル・インパクト 明治ニッポンの美」-8/30
・徳川美術館「没後400年 徳川家康—天下人の遺産—」-9/13
・ヤマザキマザック美術館「世界に挑んだ明治の美 宮川香山とアール・ヌーヴォー」-8/30
・古川美術館「唐長の世界—琳派文様の美」8/29-10/12
・瀬戸市美術館「生誕120周年 北川民次展」-9/27
・碧南市藤井達吉現代美術館「時空を超えてつむぐ—多和英子vs放菴・達吉・鉄五郎」-8/23
・INAXギャラリー「大地の赤 ベンガラ異空間」-9/6
・岐阜県美術館「日韓近代美術家のまなざし「朝鮮」で描く」-8/23
・三重県立美術館「20世紀日本美術再見 1940年代」-9/27
・静岡市美術館「春信一番!写楽二番!フィラデルフィア美術館浮世絵名品展」8/23-9/27
・静岡県立美術館「富士山—信仰と芸術」9/5-10/12

必ず事前に情報をお確かめのうえお運びください。
写真は名古屋のテレビ塔と、愛知県美術館が隣接するオアシス21です。

2015年8月5日水曜日

会議など


研究不正防止のための会議など、業務が様々ありました。

写真は、抹茶のシロノワールです。愛知の夏は暑いですね。


2015年8月3日月曜日

夏休み

テスト週間も終わり、大学は今日から夏期休業期間です。
学生のみなさま、充実した夏休みをお過ごしください。
(教員は夏休みではなく、仕事をしています。念のため)

猛暑のさなかに昼寝の大学猫たち。












図書館前の池には、いつの間にか亀が。
いつからいるのだろう。気づきませんでした。

2015年7月26日日曜日

オープンキャンパスありがとうございました

夏の好天のもと、オープンキャンパスが開催されました。
暑い中、ご来場くださいました皆様に心より感謝申し上げます。

芸術学専攻ガイダンスでは、パワーポイントを映写しながらの大学案内、専攻紹介につづき、教員による各研究分野のミニ講義、在学生の声、在学生が作成した専攻紹介ムービーの上映、入試説明等を行いました。

会場には学生が編集した雑誌『PLUS OPUS』のバックナンバーや、過去の卒業論文、合格者デッサンなどを設置し、手に取ってご覧いただきました。


(個人が特定できない写真に限っております。ご了承ください)

ガイダンス開始時、空調の不備でご迷惑をおかけいたしました。申し訳ございません。

そろいの黄色のTシャツの学生3名、お疲れさまでした。打ち上げは焼き肉でした。
陰でサポートしてくださった学生の皆様もありがとうございました。

2015年7月7日火曜日

オープンキャンパス

7月25日(土)愛知県立芸術大学・美術学部オープンキャンパスです!
全体でオープニングセレモニーの後、専攻別ガイダンスを行います。
ぜひお運びください。学生とお待ちしております。
(リンク)大学ホームページ


2015年7月4日土曜日

片岡球子展関連イベント

・Eテレ「日曜美術館」7月5日(日)9:00-10:00(再放送7月12日(日)20:00-21:00)
  学長 松村公嗣先生、日本画専攻准教授 岩永てるみ先生が出演されます。

・講演会「片岡球子先生 人と作品」7月14日13:00-14:20 本学室内楽ホールにて
  学長 松村公嗣先生、客員教授 鈴木芳雄先生、愛知県美術館学芸員 中野悠さんが登壇。
(リンク)大学ホームページ

2015年6月27日土曜日

琳派ミニ古美研

今年度の日本美術史特講のテーマは「琳派」。履修生のうち希望者で、琳派ゆかりの土地めぐりのため京都へ出かけました。
今回のルートは次の通り:光悦寺→妙光寺→宝蔵禅寺→角倉氏邸址→細見美術館→相国寺承天閣美術館
俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」が伝来したという妙光寺と、尾形乾山の窯跡があり、兄光琳も絵付けに通ったとされる宝蔵禅寺の距離を歩いて確かめました。
細見美術館では「琳派四百年 古今展」を開催中。現代作家3名が自作と細見美術館のコレクションを取り合わせて展示しています。
相国寺承天閣美術館では「伊藤若冲と琳派の世界」を開催中。宗達筆「蔦の細道図屏風」は前期/後期で左右の屏風を入れ替えて展示します。
(リンク)細見美術館
(リンク)相国寺承天閣美術館


嵯峨本を刊行した角倉素庵・その父了以が開削した高瀬川の、荷物積み下ろし箇所(高瀬川一之船入)に角倉氏邸址の碑があります。
この脇でおばんざいのランチをいただきました。

2015年6月11日木曜日

展覧会 片岡球子展@愛知県美術館

愛知県立芸術大学のVIP、片岡球子先生の展覧会が愛知県美術館ではじまりました。
県芸生は必見です!
本学の会議室に設置されていた大作「山頂」も、他の作品と合わせてじっくりと見ることができます。

(リンク)愛知県美術館




ちょっと見にくいのですが...講義棟の端に、片岡球子先生が原図を描いたタイルが施されています。展覧会では、講義棟のための雲のデッサンも出品されています。
写真は図書館からの眺めです。


こちらは本学の法隆寺金堂壁画模写展示館です。模写事業も、展示館設立も、片岡球子先生のご尽力によるものです。
毎年、春と秋に期間限定で公開します。秋の公開をお楽しみに。

2015年6月6日土曜日

展覧会 ダブル・インパクト@名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館にて、東京藝術大学とボストン美術館の所蔵品による「ダブル・インパクト 明治ニッポンの美」展がはじまりました。メネガッツォ先生の講演会に出てきた作品の実物を見ることができます!学生証で入館無料。
名古屋ボストン美術館(リンク)

2015年6月5日金曜日

メネガッツォ先生講義「WA」

芸術学専攻の学生を中心に、メネガッツォ先生の近著『WA The Essence of Japanese Design』に基づく特別講義を開いていただきました。質疑応答では学生から鋭い意見も。終了後は連絡先を交換したり写真を撮影したり...メネガッツォ先生、ありがとうございました。

2015年6月3日水曜日

メネガッツォ先生 茶話会

6時限目はメネガッツォ先生と芸術学専攻1年生を中心に、お茶会をしました。芸術学棟2階(通称サロン)にて、お茶に造詣の深い助手山口さんのサポートで、学生が順にお茶を点てます。メネガッツォ先生にご恵贈いただいた先生の近著『WA The Essence of Japanese Design』(ファイドン社、2014年)の掲載作品などをめぐって様々なお話をしました。
(画質を下げてあります)




メネガッツォ先生 展覧会見学

今日は朝からメネガッツォ先生と、日本美術史研究履修生を中心に、ヤマザキマザック美術館で開催中の「世界に挑んだ明治の美 宮川香山とアール・ヌーヴォー」を見学に行きました。
メネガッツォ先生の博士論文は幕末・明治の浮世絵と写真の影響関係がテーマです。ちょうど幕末・明治に輸出を主とする超絶技巧の陶磁器を制作した宮川香山。展示ではヤマザキマザックやノリタケの所蔵品と合わせて時代背景まで丁寧に説明されています。オールカラーで200円と手頃なカタログもおすすめ。
(写真は撮影可能エリアです)


2015年6月2日火曜日

芸術講座 ミラノ大学メネガッツォ先生講演会



ミラノ大学で日本・東洋美術史の教鞭を執る、ロッセッラ・メネガッツォ先生を本学に招聘しました。一週間ほどご滞在されます。
今日は「日本とイタリアの美術交流」と題して講演会を開催。平日昼間ではありましたが、芸術講座(一般公開)として多くの方にご参加いただきました。
夜は芸術学専攻によるささやかな歓迎会を焼き鳥屋さんにて。