2016年1月25日月曜日

出願がはじまりました

今日から2月3日まで、愛知県立芸術大学の一般入試出願を受け付けます。

愛知県芸は後期日程で、芸術学専攻は試験の種類が多い(英語、歴史、小論文、デッサン、面接)ので受験生の負担が大きいように見えます。しかし実際には、一科目で大失敗して取り返しがつかないということがないよう、バランスの取れた試験となっています。

オープンキャンパスでよく聞かれた質問が、「絵がうまくないと合格できないのか」「絵がうまくないと授業についていけないのか」でした。決してそんなことはありませんので、安心してください(詳しくは、募集要項に記載されている点数配分の表をご覧下さい)。
美学・美術史は一般大学でも学ぶことができますが、仏像の作り方を彩色や漆箔まで含めて経験したり、日本画専攻の学生と一緒に顔料を使って絵を描いたりというカリキュラムは芸大ならではです。どうかお楽しみに!


2016年1月15日金曜日

センター試験

明日・明後日はセンター試験ですね。
受験生の皆様、体調に気をつけて頑張ってください。

芸術学専攻(愛知県芸美術学部)の入試では以下の科目を使用します。
  国語、数学、外国語から2科目
  地歴・公民、理科系の科目から1科目
  計 3教科3科目

風邪をひかないように、あたたかくしてお過ごしください。

2016年1月8日金曜日

県立大学と「愛知県史展」

愛知県立芸術大学は、リニモで2駅隣の愛知県立大学との単位互換制度があります。
(より正確には、愛知県内の複数の大学と単位互換が可能です。詳しくはこちら【リンク】愛知学長懇話会
芸大にはない中国語、ロシア語などの語学をはじめ、一部の科目を履修・単位取得することができます。
県立大学の図書館もカードを作成すれば利用可能です(一部の利用に制限があります)。

いま県立大学図書館では「愛知県史展」を開催中です。






このフライヤーは、県立大学の職員で、本学芸術学専攻OBがデザインしました。
(上川通夫先生、ご案内をくださりありがとうございます)

『愛知県史』は愛知に関する調べもの(たとえば文化財など)でまず開く本です。
この展示では、古文書などの資料の実物と、『愛知県史』でその資料について記された箇所を見比べることができます。

物理的な「もの」としての資料がもつ情報量の多さに気づきます。資料・作品と、その活字化と、この間の行ったり来たりが、美術史分野でも研究の主要な作業であると同時に面白さだと思います。

ぜひお運びください。
【リンク】県立大学図書館展示

2016年1月4日月曜日

あけましておめでとうございます

本年も何卒よろしくお願い申し上げます

今日から授業再開です。新しい気持ちでスタートです。





















(画像はフリア=ギャラリーの収蔵品データベースから。
こちら:http://www.asia.si.edu/collections/edan/object.php?q=fsg_F1903.61)