2016年6月22日水曜日

大学での学び方

毎週水曜6時間目は、芸術学総合研究という授業です。
前期の間は、美学、現代アート論、西洋美術史、日本美術史の教員が、2回分ずつ持ち回りで各分野の「学び方」を講義します。

今年度の日本美術史担当日は、大学での学び方の基本と、日本美術らしい演習とを組み合わせました。1回目は口頭発表の仕方や教員へのEメールの書き方など+絵巻模本の取り扱いと鑑賞。2回目は図書館の司書スタッフにおいでいただき、図書館利用や情報収集についてレクチャー+抹茶を自分で点てる体験。

1年生から積極的な発言や質問があり、たのもしく思いました。



2016年6月15日水曜日

スペインで羊脱走のニュース

YOMIURI ONLINE(読売新聞サイト)より引用
「羊飼いが居眠りをした結果……」メディア局編集部 

 スペイン北東部のウエスカで、羊飼いが居眠りしている間に、約1300頭の羊が待機していた空き地から逃げ出し、大通りを占拠するという事件が起きた。
 事件が起きたのは今月7日未明。午前4時11分、住民から「羊の大群が大通りを歩き回っている」との通報が警察にあった。警察は現場に急行するとともに、羊飼いを探した。
 警察が羊飼いを探し当てた時、羊飼いはまだ寝ていて、羊が逃げ出したことに気付いていなかったという。
 羊の大群が通りを占拠した映像はインターネット上で公開され、視聴者から「羊飼いは羊を数えながら寝てしまったのかもね」といったコメントが寄せられている。
 この羊の群れは、警察と羊飼いによって無事、元の空き地に戻された。
 羊は夏を前にピレネー山中の放牧地に向かって大移動の最中だった。ウエスカの市街地を通過する際は警察が付き添い、交通整理をすることになっていて、午前7時までは市街地の外で待機する約束だった。
 羊は市街地の入り口にある車検場わきの空き地で待機していたが、羊飼いが寝てしまったため、勝手に移動を始めてしまったらしい。
 羊の群れは予定通り午前7時、今度は警察に見守られながらウエスカを通過し、ピレネーに向かった。

2016年06月15日 13時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
___








ジャン=フランソワ・ミレー《夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い》1857-60年、山梨県立美術館











映像提供:スペイン・ウエスカ地方警察


冗談です。
いつも奈良公園の親鹿・子鹿みたいです。
てんでんばらばら。

2016年6月8日水曜日

絵巻ぞくぞく展示替え

日本美術史特講の履修生が、本学図書館所蔵の絵巻模本を閲覧室にて展示しています。
ほぼ週ごとに展示替えをしています。ぜひご覧ください。

【リンク】5月11日にも紹介しています






2016年6月1日水曜日

【花便り】アジサイ

今年も紫陽花の季節が巡ってまいりました。
そろそろ梅雨入りですね。